【2021年コスタリカCOE入賞 #21】フィンカ・ディゴベルト
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

【2021年コスタリカCOE入賞 #21】フィンカ・ディゴベルト

¥3,000 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉に挽く

コスタリカの2021年、品評会入賞コーヒーです。しっかりとしたボディで、バランスが良く、ジューシーで華やかなコーヒーです。 ▼フレーバー / Flavor ライチ、プラム、レモン、ハニー、コンプレックス、ブライトアシディティ、ジューシー、エレガント、ウェルバランス / Lychee, Plum, Lemon, Honey, Complex, Bright Acidity, Juicy, Elegant, Well-balanced ▼生産地 / Area ウエストバレー、ナランホ、サンジェロニモ、ロス・ロブレス / West Valley, Naranjo, San Jerónimo, Los Robles ▼農園名 / Farm フィンカ・ディゴベルト / Finca Dagoberto ▼標高 / Elevation 1550m ▼品種 / Variety SL28 ▼生産者 / Producer ディゴベルト・アギレラ・ゴンザレス / Dagoberto Aguilera González ▼精製 / Process ハニープロセス / Honey ▼焙煎 / Roaster エレファントコーヒー 〒8180084 福岡県筑紫野市針摺西1-4-2 ▼内容量 / NET 100g(約6-8杯分) ▼STORY Costa Rica Cup of Excellence2021入賞LOT ◯新たな市場を模索して ディゴベルト農園は、2021年に5年目を迎えたコスタリカ、ウエストバレーの農園です。当初農園は
ビジャサルチ種をメインとして生産していましたが、新たな市場を開拓するために、いくつかのエキゾチックバラエティの生産に乗り出し、近年はリノベーションを継続的に行ってきました。新しい品種の栽培には細心の注意を払って、年に3回~4回の施肥を行い、木の生長を見守っています。

 高いカップクオリティを達成するために、ピッカーとの信頼関係に重きをおき、毎年ディゴベルトさんの農園で収穫を担ってくれる25名ほどのニカラグアの人々をとても大切にしており、また全幅の信頼を寄せています。 ◯父の背中を見て 彼は3世代目のコーヒー生産者です。兄弟のアギレラ・ミルを構え、コーヒー生産に従事しています。二人の兄弟は、小さなころから父と共に農園を耕した思い出、そして父のエドガー・アギレラ氏のコーヒーへの愛情を教わり、生産者への道を歩んでいます。

 Cup of Excellenceのファイナリストになるべく、自身のラ・エヴァ マイクロミルで研鑽を積み、長い時間と愛情、情熱をもってコーヒー生産に臨んできました。そして、2021年。National Stageを通過し、見事に目標としていたCup of Excellenceの栄冠に輝きました。 ◯2021年Costa Rica Cup of Excellence 2021年の中米並びに南米のCup of Excellenceは、COVID-19の影響により各国の国際審査員を招致し、生産国での国際審査会を行うことが叶いませんでした。 その為、昨年に引き続きACEメンバー組織よりGCC(Global Coffee Center)と呼ばれるカッピングの拠点を指定し、各国の拠点にて国際審査員による審査を行いました。各国GCCには、国内審査を通過したロットが集められ、COEの国際審査に沿った形で厳正なカッピング評価が行われました。
  コスタリカCOEは、9人の国内審査員で国内審査が行われました。国内審査を通過したロットは、各国の審査員へ送られGCC体制で15人の国際審査員の手で審査され、見事に最大上限の30ロットがCup of Excellenceの栄冠に輝きました。オークションは、7月27日の深夜に執り行われ、非常に白熱したオークションが繰り広げられました。 ▼ドリップバッグはこちら コスタリカ2021年COEドリップバッグhttps://elephantcoffee.stores.jp/items/61a998fc9eadbe4eda908ffb コスタリカ2021年COEドリップバッグ 7個セット https://elephantcoffee.stores.jp/items/61a99897d5ffeb728b2a9ab2 ▼ポスト投函でお届けいたします